貿易事務は未経験でも大丈夫【働きやすいところ見つかる】

能力に合わせた仕事探し

必要なスキルを把握する

メンズ

日本には、接客業やデスクワークと言ったように様々な職業が存在している。
そんな様々な仕事がある中でも、多くの人から注目を集めている仕事が貿易事務なのだ。
貿易事務では、輸入事務と輸出向けの事務でその内容が異なることや、事務作業においては様々な知識が必要になるケースもある。
これらのことから、貿易事務では、経験者を採用することが多くなっているが、会社などによっては未経験者も含め幅広い人材を探している場合もあるのだ。
未経験者が貿易事務の仕事を探す場合には、求められている人材であるかを考えた上で応募すると良い。
貿易事務であっても、パソコンでの資料作成が中心となっている業務や、英語を活用した業務を求めていることがある。
これらのスキルについては、貿易事務については未経験だが、その他の業務などで経験を有していることがある。
その為、これまでの経験内容と、会社が求めているスキルを照らし合わせながら仕事を探すと良いということがある。
貿易事務では、特に英語の能力が重視される傾向が見られる。
その為、未経験者の場合には、これらの勉強を行うことや英語関連の資格を所有していることで採用してもらえる可能性が高くなる。
また、貿易事務では多方面の担当者とのコミュニケーションも重要となるため、コミュニケーション能力も重要となる仕事なのだ。
その為、これらの募集に応募する場合には、コミュニケーション能力の高さなどをアピールすることも採用されるための要素になる。

英語力さえあればOK

ウーマン

貿易事務の仕事は、高度な語学力や関税、外国為替などについての知識は必要ありません。
貿易商社では、まったく未経験の新卒者に貿易事務の仕事をやらせることも珍しくありません。
そのため、未経験者だからと言って、貿易事務の求人に採用されないということはないでしょう。
貿易事務の仕事については未経験であっても、他の職種の実務経験があれば、それだけでも十分にアピール材料となります。
国内企業との間で製品の受注業務や発注業務、見積書の作成業務、電話やメールでの業務連絡などの経験があれば、その経験を貿易事務の仕事をするなかで活かすことができるためです。
そして、未経験の人は、仕事をする上で必ず必要になってくる英語力を証明するために、英語の検定試験は必ず受けておきましょう。
また、民間団体が主催している貿易事務の検定試験を受験して資格を取得したり、セミナーに参加したりしておくのも、面接のとき有利に働きます。
その他、未経験者であっても、いつでも残業できる人は、他の求職者よりも有利です。
貿易事務の仕事は、日本とは時差のある海外の企業とのやり取りをするため、海外の時間に合わせて出社が早くなったり、逆に退社が遅くなることがあります。
そのため、企業としては突発的な残業にも対応できる人材を採用したがる傾向にあります。
面接時にも、残業ができるかどうかを質問されることが多いので、自分にできる範囲で残業も可能であることを伝えるようにしましょう。

ステップアップを目指して

ウーマン

貿易事務のお仕事は、その名の通り貿易に関する事務をすることです。
そんな貿易事務の仕事ですが、現在では希望する人が増えてきています。
しかし、求人を探すにも仕事についてきちんと把握しておく必要があるため、きちんと内容を理解しておきましょう。
まず、貿易事務は経験やスキルを活かせる専門の仕事だと思ってください。
未経験でもスタッフを募集をしている求人はありますが、勤務先は商社やメーカー、船会社などさまざまあり、働く場所によって求められる知識が異なります。
輸出業務と輸入業務が主な内容になり、輸出業務では輸出通関手配や通関書類の作成などと行い、輸入業務では輸入通関手配や関税、消費税納付などの業務を行います。
書類の作成や確認は英語でやりとりすることが多いので、一般的な事務の仕事に比べて未経験だとハードルが高いかもしれません。
しかし、反対に言うと英語力があり英会話に不自由しなければ未経験でもチャンスのある仕事です。
英語を活かした仕事に就きたいと考えているかたにも、貿易事務の仕事はピッタリかもしれません。
勤務先によって取り引きの内容に違いがあり、大企業では業務が細分化されていることもあるので担当する業務が変わってきます。
ですが、輸出や輸入に関わる業務は貿易事務に共通しています。
勤務先が変わっても基礎知識があればさらにスキルアップを目指すことも可能です。
未経験でも面接を受けるときは履歴書に書ける資格として、英語に関する資格や、貿易実務検定を受けてみるのもオススメです。

新しい仕事に挑戦

スーツの人

貿易事務の収入は一般事務や営業事務に比べて高額な場合が多いです。収入アップを目指す場合は、積極的に未経験でも応募可能な貿易事務の求人に挑戦していく事が大事です。実務経験を積みながらスキルを身に付けていく事が出来ます。

もっと読む

英語ができなくても可能

電話をする人

貿易事務の仕事は海外とのやりとりがあります。よって、英語ができないと応募できないと思われがちです。しかし、英語ができなくても未経験者であっても応募できる求人が多くなってきています。研修制度が設けられているところが多いからです。

もっと読む

能力に合わせた仕事探し

メンズ

貿易事務では、様々な知識が必要になるが、未経験者の求人も多くある。貿易事務では、英語の能力やパソコンのスキル、コミュニケーション能力が重視される。未経験で応募する場合には、自分の能力に合った求人を探すと良い。

もっと読む