貿易事務は未経験でも大丈夫【働きやすいところ見つかる】

新しい仕事に挑戦

必要なスキルを身に付ける

スーツの人

近年転職をする人は多く、マイナスなイメージは少なくなっています。
中には転職を重ねてスキルアップしていく人もいます。
また、求められるスキルにより敏感になり、必要なスキルを積極的に身に付ける事はとても大切です。
派遣会社等の求人に多くみられるのが貿易事務の求人です。
貿易事務の仕事は、商社やメーカーなどで輸出入に関わる仕事になります。
主に、輸出に関する業務と輸入に関する業務に分かれています。
転職の際には、当然ですが経験のある人は有利になります。
中には未経験でも貿易事務の求人に応募出来ますので、積極的に応募してみるのも一つの方法です。
この場合は、毎日の実務から必要なスキルを身に付けていく事が出来ますので、大幅なスキルアップが目指せるでしょう。
また、派遣社員として貿易事務に携わる場合は、それ程専門的な知識が求められる事も少なくスキルアップしていく事が出来ます。
なお、基本的に輸出入に関する事務となりますので、英会話力が求められる場合も多いです。
電話やメール対応をはじめ、伝票処理や経理関係、通訳や翻訳、データ入力など業務は多岐に渡ります。
未経験でも応募可能な貿易事務の求人の多くは、一般事務や営業事務的な内容の業務が任されるケースが多いです。
いずれにしても専門的な知識やスキルを身に付ける事で、転職に有利になったり収入アップにつながったりするので前向きに取り組みましょう。
また、未経験で募集のある会社は、基本的な知識やスキル以上にやる気や人柄、コミュニケーション能力などを求めている場合も多いです。
さらに英会話が堪能な場合、貿易事務は全くの未経験でも採用となる場合も少なくないでしょう。

英語力が必須な貿易業務

男性

貿易事務は商社や船舶会社で商品の輸出入に関する手続きなどをする仕事です。
グローバルビジネスを直接感じることができるのが魅力な上、巨額の資金が動く取引はなかなか他の業種では味わうことはできません。
専門色が強い仕事ですが、未経験者の求人も多いのが特徴です。
貿易事務に必ず必要なスキルは語学力です。
輸出入に関する文書の作成や海外の取引先への連絡など、語学の中でも特に英語のスキルの高い人に向いています。
未経験者でも数多くの業務をこなしていくうちに仕事上の必要事項は覚えていくものですが、英語のスキルがあってこそ覚えられるものなので、英語力だけは最低限必要です。
貿易事務の仕事は輸出と輸入で区別されており、輸出に関しては契約書の作成、通関の手配と必要書類の作成、運送会社の手配や輸出の時まで商品を保管する倉庫の確保などが主な仕事です。
輸入に関しても契約書の作成と通関関係は同じで、加えて関税や消費税の納付や商品の納入管理などがあり、輸出入ともに仕事内容は多岐に渡ります。
他部門や海外との連携が大切なので、未経験者であってもコミュニケーション能力の高い社交的で明るい人に適した職業といえるでしょう。
また、文化や風習の違う海外が相手なのでトラブルは付きものです。
忍耐力や折衝能力などに長けていれる人が好まれる傾向にあります。
刻々と変わっていく世界情勢を肌で感じることができる仕事が貿易事務です。
未経験者優遇の求人を出している企業もたくさんありますので、海外と関わる仕事に興味のある人は是非トライしてみてはいかがでしょうか。

派遣がお勧め

女の人

事務職の中でも人気になってきているのが貿易事務です。
貿易関係の事務であることは、名称から想像がつきます。
そこで、貿易関係の知識に自信がなかったり、この手の仕事に就いたことがなかったりする人は応募から諦めてしまう傾向にあります。
しかし、未経験者でも採用してくれる会社は多くなっているのです。
最初から諦めずに応募してみましょう。
また、貿易事務の求人情報を見る際、未経験者でも応募可能かどうか確認することをお勧めします。
全体的に正社員募集ではなく、派遣社員募集の方が未経験者でも歓迎してくれます。
そこで、最初は派遣社員として応募してみるといいかもしれません。
それから、派遣社員の場合、派遣会社が未経験者向けに貿易事務の研修制度を設けてくれることがあります。
これなら、未経験者でも安心です。
貿易に関する知識を基礎から身につけることができるので、安心して仕事ができるようになります。
もちろん、未経験者ならスタートラインはみんな同じです。
他の派遣社員と共に研修に参加することで、仲間意識も強くなります。
切磋琢磨してさらに向上心が湧いてくることもあり、とても効率的な制度です。
そこで、貿易事務に応募するのなら、研修制度がしっかり設けられている会社を選択するというのもお勧めです。
経験者であっても、会社によっては業務の仕方の違いが多少は見られるものです。
だからこそ、その会社の研修を受けて、その会社に沿ったやり方で仕事ができるようにしましょう。

新しい仕事に挑戦

スーツの人

貿易事務の収入は一般事務や営業事務に比べて高額な場合が多いです。収入アップを目指す場合は、積極的に未経験でも応募可能な貿易事務の求人に挑戦していく事が大事です。実務経験を積みながらスキルを身に付けていく事が出来ます。

もっと読む

英語ができなくても可能

電話をする人

貿易事務の仕事は海外とのやりとりがあります。よって、英語ができないと応募できないと思われがちです。しかし、英語ができなくても未経験者であっても応募できる求人が多くなってきています。研修制度が設けられているところが多いからです。

もっと読む

能力に合わせた仕事探し

メンズ

貿易事務では、様々な知識が必要になるが、未経験者の求人も多くある。貿易事務では、英語の能力やパソコンのスキル、コミュニケーション能力が重視される。未経験で応募する場合には、自分の能力に合った求人を探すと良い。

もっと読む