貿易事務は未経験でも大丈夫【働きやすいところ見つかる】

経験がなくても就職は可能

アシスタントからスタート

男女

英語力が求められる職業の1つに貿易事務も挙げられますが、貿易の第一線に立って海外取引先との交渉や調整を行う業務は難しそうに見えるものです。
英語には自信があるという人でも経験がないことを理由に、貿易事務への転職に躊躇する例は少なくありません。
このような貿易に関する事務の仕事を行っている企業は、商社やメーカーの他にも船会社や海運貨物業者・通関業者・倉庫業者など多種多様です。
輸出入に伴う貨物の運搬や書類作成・手続きなどを代行するフォワンダーもこれに含まれます。
輸出入業者の代金決済を仲介する銀行や保険会社・検査機関といった職場の中にも同様の貿易事務を行っている部署が存在するものです。
それらの業種ごとに貿易事務の内容は異なっており、同じ部署内でも海外取引先との連絡・交渉担当や取引通信文作成担当など、役割分担に応じて業務難易度に差が見られます。
英語力や基本的な事務処理能力が求められる点では貿易事務全般に共通していますが、未経験者でも働きながら仕事を覚えることは十分に可能です。
採用された当初はアシスタントとしてスタートし、比較的難易度の低い書類作成業務やデータ入力作業などをこなしていくことで貿易事務の仕事を覚えることができます。
未経験だと貿易に関する専門用語にも戸惑う場面は少なくありませんが、わからないことは同僚から教えてもらえるものです。
貿易事務には未経験可の派遣求人も多くありますので、英語力を仕事に活用する目的で転職を考えている人は求人情報サイトに登録してみるといいでしょう。
このような未経験者を対象とした貿易セミナーや、派遣会社が登録者を対象として実施する貿易事務研修を事前に受けていれば、初めての仕事にも取り組みやすくなります。
未経験者でもこのようにして働きながら貿易事務を学ぶことで専門性の高い業務を任せられるようになりますので、将来のキャリアアップにつながるのです。

世界につながる仕事

女性

語学力を生かした仕事として貿易事務が挙げられます。
貿易事務といってもその業務内容は会社によって異なります。
実際に現地に言って相手の会社と交渉をする人や税関処理に携わる人、運送手段の確保や事務的な書類の作成など様々です。
大手の企業であればこれらの業務の一部分だけに携わることもありますが、そうでない場合はすべてを引き受けることもあります。
よってまずは未経験かどうかにかかわらず、貿易事務に応募する場合はどの業務をしてほしいかを確認しなくてはなりません。
行う業務によって必要な語学スキルやコミュニケーション能力、調整能力が異なるからです。
見積書や請求書などの書類作成がメインの場合は電話や書類作成に必要な注意力や語学力が求められます。
書類不備や作成ミスによって税関手続きが止まり、納期に影響が出るため細心の注意を払わなければなりません。
一方商品の発注や交渉などをする場合は語学力に加え相手国の文化や情勢などへの理解やコミュニケーション能力も必要になります。
慣習の違いや国の現状によっては取引がうまく進まないことがあるためその理解が求められます。
さらに必要な業務を一手に引き受けることになった場合は物事を同時並行で行う力と仕事を正確に行うことまで求められます。
貿易事務の求人に応募するならば、求められるスキルと自分のスキルとの差を把握する必要があります。
特に未経験で応募する場合、志望動機以外にアピールしたほうが良いことがあります。
それは自分のこれまでの職業や資格で得た経験が貿易事務のどの場面で生かせるかという点です。
未経験であっても貿易実務検定の資格を持っていることや留学経験があること、英語の能力を示す検定で一定の成績を残したことなどです。
一般的に非正規社員であれば未経験でも比較的採用されやすい傾向があります。

希少価値があり給料も高い

レディ

英語力を持っている方とはTOEICや英検などの資格取得者や、海外留学などの経験があり、自然に語学を身に付いている方の事を言います。
普段、日本語でしか話すことのない私達日本人は、学校だけの授業では流暢に英語を話すことは難しいです。
それ以上の上達は本人の努力の賜物であると言えるでしょう。
そのため英語力を生かした職種で働く人材はとても希少であり、企業としても高待遇で迎えてくれることになります。
英語力を活かした職業として挙げられるのが、学校の教員、翻訳通訳業、貿易事務などがあります。
学校の教員は私学はともかく、教員免許が必要となりますので、資格が必要でないものであれば翻訳通訳業か貿易事務となります。
これらの業務での募集要件として英検やTOEICの有資格者を条件としているところもありますが、必ず必須という訳ではありません。
これまで仕事として携わった経験があれば採用されることになります。
貿易事務に関しては未経験者でもパソコンや事務処理、コミュニケーションスキルがあれば英語資格や貿易事務従事経験者でなく未経験でも優遇されます。
ただし貿易事務は英語力と事務処理能力が必要とされる職種なので、どちらかが優れていれば良いという訳にはいきません。
英語力があっても未経験者で事務職のスキルがなければ、貿易事務として就職した場合、かなり大変です。
先述したように英語力を必要とする職業はとても希少であることから、給料が高くとも中々人材が見つかりません。
そのため未経験から就職される方がとても多いのです。

新しい仕事に挑戦

スーツの人

貿易事務の収入は一般事務や営業事務に比べて高額な場合が多いです。収入アップを目指す場合は、積極的に未経験でも応募可能な貿易事務の求人に挑戦していく事が大事です。実務経験を積みながらスキルを身に付けていく事が出来ます。

もっと読む

英語ができなくても可能

電話をする人

貿易事務の仕事は海外とのやりとりがあります。よって、英語ができないと応募できないと思われがちです。しかし、英語ができなくても未経験者であっても応募できる求人が多くなってきています。研修制度が設けられているところが多いからです。

もっと読む

能力に合わせた仕事探し

メンズ

貿易事務では、様々な知識が必要になるが、未経験者の求人も多くある。貿易事務では、英語の能力やパソコンのスキル、コミュニケーション能力が重視される。未経験で応募する場合には、自分の能力に合った求人を探すと良い。

もっと読む